もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

やっておきたい自然災害への備えと心構え

アウトドアの遊びから防災の知恵が身に付く

やっておきたい自然災害への備えと心構え

地震、ゲリラ豪雨、台風、洪水、竜巻など、自然災害が頻発している昨今。いつ我が身に起こらないとも限りません。赤ちゃんや幼児がいる家庭では、どんな備えをしたらいいのでしょう。親として、日頃から心がけておきたいことは?防災ファシリテーターのあんどうりすさんに教えていただきました。

あんどうりすさん
アウトドア流防災ファシリテーター。阪神・淡路大震災の被災経験とアウトドアの知識を活かし、2003年より全国で講演活動を展開。著作に「自然災害最新サバイバルBOOK」エイ出版社(共著)、「震災を生き延びる100の知恵」第7章 山と渓谷社など。http://andorisu.jimdo.com/

 

災害から家族を守る対策は日常できることから

大震災から3年が経ち、時間の経過とともに、防災の意識が薄れがちです。でも、最近は、“想定外”の天候に見舞われることが増えていて、あらゆる災害に対する備えが必要です。まずはできることから、始めてみましょう。
 
内閣府では、巨大地震を想定して、「家庭での飲料水や食料の備蓄は最低3日分、できれば1週間分が望ましい」と呼びかけています。自宅が安全であれば避難しなくてもすみますから、自宅の耐震化、家具の固定を最優先に進めましょう。

備蓄も、長持ちする食品を多めに用意しておきましょう。
 
避難が必要なのは、自宅の倒壊や火事、津波といったケースです。いつどこで被災するかわからないので、日常使いの“マザースバック”を防災仕様にしておきましょう。子育てに役立つコンパクトなものと、防災に使うものを共用にすれば、カバンが重くなりません。

的確な判断と行動ができ知恵のある自分になろう

さまざまな防災グッズを用意しても、使用法を正しく理解していなければ意味がありません。例えば、防寒用シート(アルミ蒸着フィルム)は、体温の放射熱を利用して空気層に温かさを保つ原理。洋服が濡れた状態では、気化熱で体温が下がってしまいますから、シートを巻いても温かくなりません。
 
暑さ寒さの対策は、水と風と空気をコントロールするのがポイント。防寒用シートがなくても、「体に近いところに新聞紙を重ね(空気を蓄える)、一番外側に風を通さないビニールシートを持ってくる(風を防ぐ)」というように、その場にあるもので、空気と水と風対策をすれば対応できます。

自宅に防災グッズをそろえていても、いざという時、持っていなかったという事態もありえます。その時に役立つのは、知恵のある自分自身です。台風情報を見て、「子どもは逃げるのに時間がかかるから、早めに行動しよう」、長く揺れる地震は海溝で起こるケースが多いため、「津波が起こりやすいから、早く避難を開始しよう」などと、知識があれば自分で判断し、適切に動くことができます。
 
日頃から天気図を見たり、災害の基礎的なことをインプットしておきましょう。親が学ぶ姿勢をみせると、子どもも一緒に学びたがり、自然と理科が好きになるかもしれません。

親子で遊ぶアウトドアで楽しみながらプチ防災体験

親子一緒に自然の中で遊ぶことは、防災のプチ体験になり、同時に子どもの身体能力を高めます。海や川で遊ぶときに必須のライフジャケットの使い方、ひざより上に水がきたら簡単に流されやすいこと、沖に流される離岸流の場合は、「岸と水平に泳ぐ」という命を守る基本的スキルも教えられます。

でこぼこの川原で歩くことで、体のバランスの取り方、岩ですべったときの体勢の立て直し方を、子どもは身をもって体験することができます。いざという時、自分の力が信じられることは、生きぬく強さにつながります。親子で外遊びを心がけましょう。

撮影/福田依子 取材・文/中野洋子

  • Check

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧