パパ薬剤師の子どもの薬基礎講座

2010/04/22

気管支拡張テープ剤の使い方

気管支拡張テープ剤(ホクナリンテープ)の使い方


こんにちは!
喘息気味の我が子に「気管支拡張テープ剤」を使っている…メディカルパパです。


さて、今回はあなたのお子さんも咳が止まらないときにきっと一度は使用した事がある、気管支拡張テープ剤【商品名:ホクナリンテープ】について説明します。


写真


ポイント1 ~正しい貼り方~


◆1日1回寝る前に貼り、24時間使う。
(寝る前に貼る事で、朝方の咳き込み等を緩和できます)
◆胸・背中・上腕部のいずれか1ヵ所に貼る。
(自分で剥がしたり、よだれや嘔吐がある場合は背中が良いでしょう)
◆毎日貼る場合は、貼る部位を変える。
(毎日同じ場所に貼ると、かぶれる可能性があるので注意しましょう)


ポイント2 ~はがれた場合どうするか~


◆一度剥がれた場合は再び貼り直す事はできません。
(基本的にはがれおちてしまったものは貼り直せません)
◆貼ってから12時間経っていればほとんどその効果が出ています。
(寝る前に貼ったテープが朝はがれた場合は貼り直す必要はありません)
◆テープが少しはがれかけている場合は絆創膏等で固定します。
(刺激の少ない絆創膏で上から固定してあげましょう)


ポイント3 ~その他の注意点~


◆軟膏やクリームを使った上から貼らないようにしてください。
(胸・背中・上腕部など貼れる部位が広いので、別の部位を選んで使いましょう)
◆ホクナリンテープ以外のジェネリック医薬品も多数あります。
(後発品によっては、使用感やはがれ方に違いが出る事もあります)
◆テープを使って何か変だと感じた場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。
(気管支拡張の薬は、興奮気味になったり体の震えが出る事があります)


いかがだったでしょうか?
「熱さましの坐薬」に続き、今回の「気管支拡張テープ剤」も薬局で質問の多い薬です。
ちょっとした事ですが、正しい知識を持つと「イザ!」というときに安心して使えますね!


パパ薬剤師 中村守男(メディカルパパ)

  • Check

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter