こそだてPapaStyle

PapaStyle TOP > 男が選ぶ育児用品 > The First Page−(ザ・ファースト・ページ)

こそだてTOP

男が選ぶ育児用品

男が何かを始めるときには、形から入りがち。ビジネスツール・車・ゴルフ道具に釣り道具etc.子育てだって女性にはわからないこだわりがあるというものです。そんなこだわりパパの視点で育児用品選びをすると ………

パパが作るわが子の「初めて」記録

<−The First Page−(ザ・ファースト・ページ)>

明治ほほえみ らくらくキューブ近頃は、携帯でもデジカメでも、わが子のとびきり瞬間を記録に残すことができるようになった。
特にまだ1歳に満たない時期は、日々の変化、成長ぶりに驚かされる。例え、仕事から帰ってきて、眠っていたとしても思わず「パシャリ」。


待てよ。たくさん撮り溜めした、写真のデータはどうしている。そもそも、妻が撮った、自分が知らないときの様々な瞬間のデータはどこにあるのだ。パソコンに入ったままではないか。フォルダ分けしているのだろうか?バックアップは。


やはり、プリントアウトしておこう。何度も繰り返し見るのは、プリントアウトし、アルバムに保管しておくのがベストではないか。


そういえば、私の妻を親に紹介するため、実家へ帰ったとき。
私の幼いころからの写真がぎっしり貼ってあるアルバムをめくり、しきりに彼女にそのときのエピソードを語る親に、うれしかったり、恥かしかったりしたものだ。


今は、妻から自分の居ないときのわが子の日常を聞かされ、デジカメで見せられるだけ。そもそも「初めての瞬間」には、ほとんど居合わせてないではないか。これは少し悔しい。
後から、画像でしか見ることができない私は、そのときのことをわが子に「形」で、しっかりと残しておくことにしよう。



明治ほほえみ らくらくキューブ「はじめて」目次があるから、撮り損ねることもない

そう、思い立ったらこれが便利。
The First Page 〜「はじめて」の記録〜は、予め生後1年間を目安に、様々な「はじめて」目次がついている。


これなら、この瞬間を撮っておこうという、心構えもできる。
例えば、
・ 初めてのスマイル
・ 初めての歯
・ 初めての言葉
このくらいなら、思いつくかも知れない。


その他にも
・ 初めてのおどり
・ 初めてのお絵かき
・ 初めてのおうた
・ 初めて走ったよ


細かくストーリー作りに導いてくれる



フォーマット化されているので手をつけやすい

中の作りはいたってシンプル。これなら、私にも気軽にできそうだ。
通常販売されているものは、ママ目線で、フリースペースが多かったり、イラストや飾りが満載で、ちょっと男性は敬遠してしまう。写真を貼るスペースが、各ページ上下交互になっているので、写真同士が重ならない。細かな気配りも利いている。


もし、妻がそれでは殺風景というならば、お気に入りのキャラクターシールで、飾りつけも自由にできるし、手書きでイラストを入れるのもいいだろう。
初めての子育てに追われ、余裕のない妻には、写真だけ撮っておいてもらい、必要情報を記録した子育てメモとは、全く違う「世界で1つだけのストーリー本」を作ろう。


しばらくは私たち夫婦の楽しみとして何度もめくり、そしていつか君が大人になったとき、こんなにも見守られ、ひとつひとつ成長していったのだという証になるように


 

今度、結婚する友人へのプレゼントにもいいかも。そのためには、まず見本になるよう、しっかりと残していこう。

The First Page 〜「はじめて」の記録〜

生まれてくる赤ちゃんにとっては、なにもかもが 初めて。
たくさんの初めて=FIRST をぜひ残してあげてほしい。


これから重ねる人生で
もっとたくさんの 初めて=FIRSTに出会っていくだろうこどもにとって
ご家族からの暖かいメッセージが支えになりますように。
そんな思いから生まれた「世界にひとつの本」です。


対象:生後0歳〜1歳までのお子様のお父さん・お母さん
サイズ:B6 (初めて 40項目・他メモ用 2ページ)
価格:5,250円 専用箱入り
製造・販売元:株式会社 ファーストページ
URL:http://www.firstpagebear.com

The First Page 〜「はじめて」の記録〜 についてのさらに詳しい情報はこちら