こそだてPapaStyle

PapaStyle TOP > ビストロパパの料理講座 > 揚げない、鳴門金時でつくる大学いも

こそだてTOP

ビストロパパの料理講座

昔から、「お袋の味」や「ママの味」はあるけれど、「パパの味」って聞かない。パパがキッチンに立ち、ママとは違うパパの味を披露したり、子どもやママのために料理することでコミュニケーションの時間も増える。「男の料理」とも違う、家族との時間を充実させるビストロパパの料理講座、スタート!>>ビストロパパからのメッセージ

揚げない、鳴門金時でつくる大学いも 野菜

写真

徳島県に行って来たので買いました。

鳴門金時。

ということで、焼きいも、蒸し芋でもいいのですが、大学いもに。

【レシピ】(25分)

材料(3人分)

鳴門金時・さつまいも 3~4本
オリーブオイル *サラダ油でも 大さじ3
てんさい糖 大さじ3~
黒ごま 大さじ1/2~

作り方

  1. さつまいもを洗って乱切り。さっと水につけて出す。
  2. 鍋に火をかけ熱くなったら、オイルを入れて1の芋を入れて炒める。てんさい糖を加えてなじませ、蓋をして弱火で10分以上火にかける。途中蓋をあけて混ぜる。いもに火がとおり柔らかくなり、てんさい糖も煮詰まってきたら、黒ごまをかけ和えてできあがり。

 

アト辛おとな味:

・バター

 

子手伝い:

・いもを洗う

 

これ、冷めてもうまいんです。
ついつい、食べてしまいます。
あったかいお茶といっしょにもあいますよ。
徳島にご縁ができたので、鳴門金時応援します。


パパ料理研究家 滝村雅晴

  • Check