今週の育児コラム

育児用品の選び方

働く!をあきらめない


仕事をしていたけれど、子どもが生まれて離職する女性は約6割。もちろん自分から、子育てに専念したいと仕事を辞めるケースもありますが、ほとんどは、子育てしながら仕事を続けることが困難と考えての判断です。
 

子育てしながら働くときは、「まず保育園に入れないと」と思いますが、大都市圏では待機児童が問題になっています。働き方によっては、保育ママや一時預かり、ファミリーサポート、または、幼稚園の延長保育を利用する方法もあります。子育て中は、少し緩やかな働き方をしたいと考える方もいるでしょう。
 

フルタイムで働くか働かないか、保育園に入れるか入れないかという選択肢でなく、どのように子どもとの時間を持つのかも夫婦でも相談しながら、いろいろな働き方を探り、それに合った子どもの預け方を見つけてみましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter