今週の育児コラム

育児用品の選び方

積み木の遊び方


シンプルなおもちゃほど、成長に合わせて長く遊ぶことができます。
 

たとえば、積み木は、赤ちゃんの頃はつかむだけでも、手のひらを使う運動をしたり、素材の感触を得ています。少し成長すると、指でつまめるようになり、箱から出したり入れたりが楽しくなります。積み木をそっと重ねられるようになり、次第に2つ3つと数多く重ねるようになります。
 

平面につなげて並べ、線路や道路に見立てることもあります。囲みを作って、その中が動物園や池になったり……。発想や想像力が広がって、ごっご遊びにつながります。
 

積み木ひとつでも、お菓子や荷物に見立てて、「どうぞ」「ありがとう」のやりとりも楽しいもの。フローリングの床なら、缶を並べておき、滑らせて当てる遊びも楽しそうです。遊び方を規定せず、親子で、遊びを発展させてみましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter