今週の育児コラム

育児用品の選び方

習い事始め


最近では、低年齢から子どもを習い事に通わせ始める方も多いようです。子どもが先生の指示通りにしなかったり、他の子と一緒に行動ができなかったり、積極的に参加する姿勢が見られなかったりすると、親としては、「どうしてうちの子は、ちゃんとできないのだろう」と、やきもきしますね。親が、ちゃんとできるか見張っていたり、しかめっ面で「みんなと一緒に、ちゃんとやりなさい!」と、怒ってばかりでは、子どもも習い事を楽しめないでしょう。


小さい子の場合には、技術を修得させるというより、まず、興味を持たせる、その場の雰囲気を楽しめることが大切。たとえば音楽教室に行って、一緒に歌えなくても、リズムを取っている仕草が見えれば、楽しんでいる証拠です。無理強いせず、子どもが心を開くことができているかをキャッチしましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter