今週の育児コラム

育児用品の選び方

子どもを守る予防接種


赤ちゃんが生まれると、いろいろな予防接種を受けます。赤ちゃんは生後3~6カ月頃になると、お母さんから受け継いだ免疫力が失われるため、さまざまな病気にかかりやすくなります。また、小さい時期は、重篤な症状になってしまうこともありますから、病気を防いだり、かかっても症状を軽くするために、有効な手段が予防接種です。


定期接種は必ず受けさせるようにして、かかりつけ医と相談の上、任意接種もできるだけ受けさせるようにしましょう。
 

定期接種については、自治体によって、接種時期に合わせて、接種の用紙を送付しているところと、赤ちゃんが生まれた後に一括で送付しているところなどもあります。接種の時期は、予防接種によって異なりますから、カレンダーに記入しておくなどして、受け忘れることのないように心がけましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter