今週の育児コラム

育児用品の選び方

「がまん」を教える


最近「叱らない子育て」ということも言われ、子どもを叱ることは、よくないことと思っているお母さんお父さんも少なくありません。もちろん、家の中で危険なものを遠ざけるなど、叱ることが少なくなる環境を整えることは大切ですが、制止する必要がある場面は、生活の中で出てきます。またそのような事があるからこそ、子どもも経験として「こういう時には、これをしてはいけない」など、体験として学ぶことができます。
 

たとえば、電車の中で騒いだり、座席が埋まっているのに「座りたい」とだだをこねたり……。親が子どもを静かに叱り、毅然と制止する姿勢は、子どもにも伝わります。短く静かに諭す姿勢が大切です。子どものテンションが上がってしまい、がまんができないようなら、電車の場合は途中駅で降りるなど、状況を変えましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter