今週の育児コラム

育児用品の選び方

おむつかぶれの予防


おしっこやうんちが出て、おむつを替えずにいると、アンモニアなどが皮膚に刺激を与え、おむつかぶれになることがあります。紙おむつの場合、吸収性が良いので、少しのおしっこで取り替えるのは、もったいないような気がするかもしれませんが、おしっこやうんちのたびに、こまめに取り替えることが、予防につながります。
 

軟便のときや、おむつかぶれのときには、おむつ替えのたびにおしりをぬるま湯で流し、乾いてから、おむつをつけるようにしましょう。水分は、ティッシュでこすり取らず、抑えて吸い取るようにします。おしりが少し赤くなっている程度なら、おむつ替えのたびに洗うだけで、改善されることもあります。なかなかよくならなかったり、かぶれがひどくなるようなら、小児科を受診し、塗り薬を処方してもらいましょう。市販の薬を自己流で塗るのは、やめましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter