今週の育児コラム

育児用品の選び方

泣くのは当たり前

おむつを替えたり、おっぱいやミルクをあげたり。でも一番大変なのは、赤ちゃんに泣かれたときというお母さんも多いのではないでしょうか。


赤ちゃんが生まれる前、大人同士の生活で、「泣く」ことは日常的によくあることではありませんね。ですから、赤ちゃんが生まれて泣かれると、何とか泣きやませなくては、早く泣きやませなくてはと、思ってつらくなってしまうお母さんは多いよう。赤ちゃんは泣くことで自分の不快を表現しますから、お腹がすいている、お尻が濡れているなどを泣くことで訴えます。でも、眠い、甘えたいということで、泣くこともあるのです。


泣かれてイライラしたり、どなったりすると、余計に激しく泣く赤ちゃんもいます。また、泣いているなとゆったりした気持ちで接してみましょう。思いっきり泣いて気がすめば、赤ちゃんも泣きやみます。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter