今週の育児コラム

育児用品の選び方

粉ミルクの作り方


最近は母乳育児のお母さんも多いですが、お父さんに赤ちゃんを見てもらうときや、託児をお願いする場合などに、粉ミルクを利用する場合があるかもしれません。粉ミルクを作る手順、覚えておきましょう。
 

まず、ほ乳びんや乳首は、調乳前に消毒しておきましょう。電子レンジ消毒や薬液消毒、煮沸消毒があります。
 

ほ乳びんに、沸騰させてから70度以上に冷ましたお湯(熱湯はNG)を3分の2程度入れます。ミルク缶についている計量スプーンで必要量をすりきって入れます。ほ乳びんを振って溶かしてから、必要量までお湯をたします。びんを流水などで冷まし、手首の内側などにミルクをたらして、少しあたたかく感じる程度に冷めたら、赤ちゃんにあげましょう。詳しくは各粉ミルク缶などに書いてある作り方を参照しましょう。


PapaStyle-粉ミルクの作り方・調乳法


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter