今週の育児コラム

育児用品の選び方

喫煙と受動喫煙


妊娠中の喫煙が赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼすことは、知っている方も多いでしょう。ニコチンは血管を収縮する作用があるため流産や早産の確率が高まったり、お腹の赤ちゃんに十分な酸素がいかないために発育が妨げられ低出生体重児として産まれてくるというケースも少なくありません。また、お母さん自体が喫煙しなくても、お父さんからの受動喫煙によってほぼ同じような影響が指摘されています。


赤ちゃん誕生後も同じこと。受動喫煙によって、乳児突然死症候群が起こりやすくなるという指摘もありますし、気管支炎や肺炎、ぜんそく、中耳炎などの要因になるとも言われています。


タバコが身近にあることで、赤ちゃんがタバコを誤飲し、命に危険を及ぼすこともあります。妊娠・出産を機会に、夫婦で禁煙してはいかがでしょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter