今週の育児コラム

育児用品の選び方

内祝いの時期と内容


出産内祝いとは、もともとは、親戚や知人に子どもが産まれたことを報告する意味合いからのものでしたが、現在は出産祝いを頂いた方へのお礼という考え方が主流。


内祝いは生後1カ月頃が目安ですが、お宮参りなどで忙しいこともありますから、生活が落ち着いてからでもかまいません。ただしあまり遅くなるのも失礼ですから、生後2~3カ月くらいまでを目安としましょう。


のしをつける場合は、表書きは「内祝い」「出産内祝い」として、その下に赤ちゃんの名前を書くのが通例です。商品は石けんやタオル、寝具、食器など、誰がもらっても困らないものが人気のよう。個数が多くない場合は、相手の年齢などによって、贈る品を選ぶといいですね。地域によっては、内祝いの品が決まっていることもあるようですから、親にもあらかじめ相談を。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter