今週の育児コラム

育児用品の選び方

授乳中のタバコ


授乳中にお母さんが喫煙していると、母乳にニコチンが含まれてしまいます。多量に喫煙していて、乳児が慢性ニコチン中毒になったという症例があるそうです。また、喫煙していると母乳の出が悪くなり、母乳が出る期間も短くなるそうです。


しかし、母乳自体が持つ免疫力などの利点から、喫煙のために、母乳をやめるべきではないという考え方が主流です。もちろん、大量の喫煙は論外。できればやめるべきですが、どうしてもやめられない場合は、赤ちゃんへの影響が極力少なくなるように、授乳直後に吸うように心がけましょう。


受動喫煙によって赤ちゃんが呼吸器疾患になる可能性も高くなりますから、喫煙する場合はベランダなど戸外の場所で。また、赤ちゃんがタバコを誤飲するととても危険な状態になりますから、管理もしっかりと行いましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter