今週の育児コラム

育児用品の選び方

よく吐く赤ちゃん


母乳やミルクを飲んだ後に、吐くことがあります。おっぱいを飲む時に、空気もたくさん飲み込んでしまうため、げっぷとして空気を外に出すのですが、その時に飲んだおっぱいも一緒に吐くのです。よく吐く子も、さほど吐かない子もいますし、飲み過ぎによって吐きやすいこともあるようです。


赤ちゃんの胃はとっくり状になっているため、吐きやすいのですが、まれに病気によって吐くこともあります。あまりよく吐く場合には、小児科で診てもらうと安心です。


噴門弛緩症という病気は、噴門という食道と胃をつなぐ括約筋のしまりが悪いために、おっぱいを吐いてしまうというものです。でも、2~3カ月か、遅くとも1歳頃までには自然に吐かなくなります。ただし、体重が増えなかったり、ずっと機嫌が悪い場合などは、早めに医師に相談しましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter