2005/5/12

Q:赤ちゃんはどこから?

◆投稿者:女性

今月の質問は、子どもの「赤ちゃんはどこからやってくるの?」「どこから生まれてくるの?」という問いに、なんと答えていますか? ということです。

子どもの年代によって答え方も違うと思うのですが、この年代にはこんな答え方をしている等、みなさんのご意見お聞かせください。
ちなみに私の5歳の姪っ子はお腹を切って生まれてくると信じているのですが(間違いじゃないですけど)、友だちに「違うよ! お尻の穴から出て来るんだよ!」と言われ、困惑しています……。 


A:子どもの疑問と親の思いのずれ

◆宍戸洲美(ししど すみ)先生
宍戸先生 渋谷区立中幡小学校養護教諭。
『養護教諭の役割と教育実践』(学事出版刊)編著。
「“からだ学習”を全校に定着させることをめざして」などの研究発表のほか、子育てアドバイザー協会などの講師もつとめる。
1児の母。

子どもに「赤ちゃんはどこから?」と聞かれると、親は少なからずドキッとするもの。それは、おとなが性や性交のことを説明しなくてはならないと思うからでしょう。子どもに何が知りたいのか、問いかけ直してみてはいかがでしょう。

小さな子どもの場合、「お母さんから生まれてきた」という事実を確認したいだけということも多いものです。そんな時に、「橋の下から拾ってきた」なんて答えるのはNG。おとなは冗談のつもりでも、子どもは、「自分は、お母さんの子どもではないんだ」という不安を持ってしまいます。「お腹を切って生まれてきた」という言葉もあまり使いたくない言葉です。帝王切開で生まれてきた場合もあるかと思いますが、子どもにとっては「切る=血が出る=痛い」というイメージにつながります。出生に関して、マイナスイメージを連想させる言葉は使わないこと、うそはつかないことを心がけましょう。

「どうやって赤ちゃんはお腹に入ったの?」と聞かれた場合、「お父さんから命のもとをもらって、お母さんのお腹で大きくなったのよ」という答えで、納得することも多いもの。

子どもに「赤ちゃんが出てくる場所を見せて」と言われた場合は、「女の子には赤ちゃんが生まれてくる穴があるの。そこはきれいにして、温かくしておかなくちゃいけないの。大事なところだから、人に見せるものではないのよ」と答えればいいでしょう。

具体的に聞きたがる場合は、いい絵本がたくさん出ていますからそれを利用してはいかがでしょう。子どもは絵本を見ながら、疑問に思ったことを理解していくと思います。

   

先生からの子育てアドバイス

「こそだて」の掲示板に書き込まれた悩みに対して、いろいろな先生がアドバイスしてくださるコーナー。
質問は、掲示板に書き込まれた内容を若干編集の上、ツリーの最初の投稿のみ掲載しています。
先生からは「こんな考え方もあるのでは」という視点でアドバイスしていただいています。
(編集部に直接質問をいただいても、先生から直接ご回答をいただくことはできません。)
(C)YOKO SASAKI
  • Check

子育てアドバイスTOPページへ

ママ・パパの悩みと家庭のこと(miku)

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter