2004/2/5

Q:仕事を続けようか、辞めようか、悩んでいます

◆投稿者:東京都・29歳・女性
(男の子1歳1カ月)


こんにちは。はじめて投稿します。去年、子どもが6カ月のときに職場に復帰して8カ月近く働いてきましたが、今、仕事を辞めようか続けようかとても悩んでいます。

仕事は、派遣でフルタイムで働いています。職場の方々はとても理解があってよくしていただいて、出産前も、臨月まで働かせていただけて、復帰した今も、定時に退社、何かあれば休みもとらせていただいています。

とても恵まれた職場だとは思うのですが、子どもも1歳になり、ますますかわいさをまして、私自身がもっともっと子どもと一緒にいたいと思い始めたことや、子どもの貴重な時間を、離れて働いててほんとにいいのかと考えてしまったこと。今は、実家の母に見てもらっているのですが、これは私の勝手ですが、子どもが母のほうにどんどんなついちゃって、私の母が一番好きになっちゃうんじゃないかと心配してしまったり……。

それに、平日、仕事を終えて帰ると時半前。帰ってから、ずっと子どもと遊んでられればいいのですが、やらなければいけないことが山ほどあって、子どもといられる貴重な時間も家事でどんどん削られていくことにイライラしてしまっています。

とにかく毎日毎日突っ走ってる感じです。会社が終わった瞬間も、早く子どものもとへ帰りたくて電車の乗り換えもすべてダッシュ氏@地元の駅に着いてからも自転車をとばして家に帰ります(自分が早く子どもに会いたいから仕方ないんですが)。時間がもっとほしいと思う毎日で、夫ともいろいろ話しあって協力してもらうようにはしています。でも、私の性格が変に完璧主義なところがあって手抜きができないんです。子どもの離乳食もBFを使ってしまえばいいのですが、なんだか愛情がないような気がして、電車の行き帰りでメニューを考えて、夜子どもが眠った10時過ぎから、作ったりしています。

こんな毎日で、時間に追われてばかりの生活でちょっと疲れたっていう気持ちも少しありますし、やっぱり母親は子どものそばにいるのが一番いいんじゃないかと考えたり……。
同じように悩んだことのある方や、頑張って働いている方、そしてずっと子どものそばにいる方、いろんな方のご意見がお聞きできたらと思います。


A:子育ての賞味期限は10年!?


◆コメント:杉山由美子(すぎやまゆみこ)先生
鎌倉書房「マダム」編集部に所属し、次女出産後に退社。「日経ウーマン」編集部嘱託を経て、現在はフリーランスのライターとして活躍中。2女の母。著書は『赤ちゃんが来たらこんなことが起きる』(小学館)、『もっと素敵な子育て』(廣済堂出版)ほか多数。

そもそも私自身も、出産前には仕事を手放せないという焦りのような気持ちを持っていました。仕事場と自宅との距離を考えて引っ越しし、子どもが生まれても働き続けられる環境を第一に考えた時期もありました。

子どもは1人でいいと思っていたのに、産んでみたらかわいくってもう1人産んで、そうしたらもっとかわいくなって。結局、私は上の子が3歳、下の子が1歳のときに会社を辞めて、フリーになりました。

今の世の中、会社にしがみついて仕事を続けていても、景気などによって会社自体どうなるかわからないですよね。だから思うのは、そのとき、そのときで、何を自分にとっての「ナンバー1」と考えるかということ。

わが子もずいぶん大きくなりましたが、私は子育てのいちばんの賞味期限は10年だと思います。抱っこして、頬ずりして、添い寝して……、いちばん子育てのおいしいところっていう感じかな。子どもが大きくなっても、いろいろ関わることはありますが、あふれるように愛情を注ぐことができるのは、子どもが小さなうちの10年間ではないかしら。

もちろん、すっぱり仕事を辞めてしまうっていうのは、社会と途切れてしまうというか、そのあと仕事があるのかと心配になるかもしれませんね。その場合は、働く曜日や時間を少なくするなど、一時的に働き方を変えるという方法もあると思います。

また、いったん仕事を辞めることにしても、仕事先や職場の友人に常にアンテナを張っておいて、「また働きたい」と思ったときの情報を集めておけば、タイミングを見て、仕事を再開することだって、難しいことではないと思います。

先生からの子育てアドバイス

「こそだて」の掲示板に書き込まれた悩みに対して、いろいろな先生がアドバイスしてくださるコーナー。
質問は、掲示板に書き込まれた内容を若干編集の上、ツリーの最初の投稿のみ掲載しています。
先生からは「こんな考え方もあるのでは」という視点でアドバイスしていただいています。
(編集部に直接質問をいただいても、先生から直接ご回答をいただくことはできません。)
(C)YOKO SASAKI
  • Check

子育てアドバイスTOPページへ

ママ・パパの悩みと家庭のこと(miku)

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter